www.cognosce-photograph.com

30も過ぎると、本当にお酒が体にしみますねヽ(*´∀`)ノ 若い時は、お酒を飲めるようになった20歳21歳でも、 飲みたいとも思いませんでしたし、お酒の良さがまるで わからなかったのですが(´・ω・`) 今じゃ立派にお酒大好きなオヤジのような女ですヾ(*´∀`*)ノ 若い時のお酒の飲み方は、ただ酔ってみたい、お酒というものを 飲んでハイテンションになってみたい、その一点でした。 ところが年を重ねると、お酒の良さが本当に染み渡るんですよね。 飲んだ瞬間、その一口目が本当に体全体に染み渡ります。 これってどうしてなんでしょう?本当に不思議です。 人生経験も増えてきて、お酒の辛さ苦さ旨みも良く分かるように なってきたということなのでしょうか。 20代前半の頃は、お酒を飲んでも味に関しては、まるで 良さがわかりませんでした。 いつの日からでしょうね、労働後にビールや発泡酒を飲んでは 「プハーッ(゚∀゚)!!ウマッ(゚∀゚)!!」となるようになったのが、記憶では 28歳くらいからです。 最近では、美味しいお刺身と日本酒のセットが大好きで、 ますますオヤジ化しています。

コンテンツメニュー